キリキリ舞い

切り絵をちまちまやっています。

2016年05月

とりあえず一番下の位置に来る紙の下絵が出来ました。

DSCF1741

サイズはB3です。
前回のトリエンナーレの、切り絵部分がA3。台紙並びに額縁がB3。切っている最中もサイズ的にちょうど良かったので、今回も同サイズでいきます。

DSCF1742

茎や根の部分はアバウトに印を入れて、切りながらやっていきます。
アバウトと言いつつもしっかり描き込んでいます。適当な下絵をしていると、後で苦労するのは私だから……。

水色の部分も下絵です。
全て黒で描いていくとごちゃごちゃになるので、バックの部分はさらっと水色で描いています。

とりあえずこんな感じですかね。
下絵を描いてすぐに切り始めるのは危険なので(描き終えたテンションで現物よりも良く見えてしまう)二日ほど温めていましたが、問題はないでしょう。
これでいきます。


来週からはどんどん切っていくぞ! 頑張るぞ!





      
 
切り絵・貼り絵 ブログランキングへ

花の部分の下絵が大雑把にできました。
今回は三枚の紙を重ねてみようと思っているので、実験開始です。

DSCF1735

とりあえずケント紙に色を塗り、完成した下絵を裏に印刷しました。
どれくらいの細さなら切れるかなーと試してみたのです。






DSCF1737

無理でした。


なんとなくわかっていました。
友人も「厚いでしょ」とツッコミを入れていましたから。
諦めは早いです。
ですが、結果を知れたので良かったんじゃないかと……。

上の画像は完成イメージを固めるために適当に切って重ねました。
適当感が諦め具合を醸し出しています。



この件はきっぱり捨て去りましょう。


DSCF1736


イメージもおおよそ付き、花の下絵もそこそこできたのですが、一つ不安な点が残ります。

花びらが泡になって消えていく表現です。(そういう表現をしたい)



DSCF1738

とりあえず色々試し切り。
個人的には下に一つだけあるものが良いかな、と思うのですがどうなんでしょう。

まだまだ悩み中ですが、今週はここまで!

進んでいるようで進んでいないなぁ。





      
 
切り絵・貼り絵 ブログランキングへ

DSCF1730

前回、こんな↑雑なアイデアを出したところでストップしていました。

テーマは恥ずかしいので完成品をブログでお見せできる時まで黙っておくとして(だいたいわかると思いますけど)要所要所の形をさらっと決めていかなくては。

DSCF1729

とりあえず心の部分はハートでいきます。
心臓だと心なんだか命なんだか疑問が生じるのでハート一択。ハートという記号的モチーフを選んだので、ちょっとポップになってしまわないか不安はありますが……まあ、なんとかなるでしょう!



DSCF1734

花びらの形はかなり迷っていました。
ティッシュで作った花のような、作り物感満載にするか↑

DSCF1733

牡丹っぽいものにするか↑

DSCF1732

最終的にガーベラもどきでいくことにしました。

上の画像だと整いすぎているので、これからさらにドロドロ感を出していこうと思っています。
とりあえずシャーペンでカリカリやっています。




話は変わりまして

DSCF1731

トリエンナーレの作品を発送しました!
がっつり梱包なので、送る時に「運営の人はダンボールを作品の数だけ開けるんだなぁ」と、ちょっと申し訳なく思ったりしました。

が、出しました。

結果は6月上中旬に来るようなので、気長に待ちますか!




     
 
切り絵・貼り絵 ブログランキングへ

今年も紙わざ大賞の季節がやってきました!まだ二回目ですけどね!

トリエンナーレの切り絵が完成したので、次は紙わざ大賞へ出す作品のイメージだけ練っていました。

まずトリエンナーレの切り絵を友人知人に見せて、改善する点などなどを聞いてみました。
自分で「ここは変えたいなぁ」と思っているところもプラスして、次作るものの目標を決定!

1、作品の情報量を増やす。
2、線に強弱を出して色気ましまし。

この二つです。


トリエンナーレの作品画像を上げることはできないので、以前作った葉牡丹あたりを参考に解説。

葉牡丹正面
 
1、作品の情報量を増やす。

葉牡丹を見て思うのですが、基本はチェック模様のような縦線横線、丸、花模様で構成されています。葉一枚一枚に関しても、同じフリル模様を使用している箇所があります。

これは「新規のフリル模様考えるのしんどい」というネガティブな理由のせいですが、そのせいで作品内の情報量が少ないのです。

紙わざ大賞入賞作品展を拝見して思ったのですが、 手間はもちろん、作品一つ一つに、ある一定の情報量が含まれていると感じたのです。

私含めて、人が感激、感動する作品の分かりやすい条件として、「ある程度の手間がかかっている」ことと「より多くの情報がある」ということがあります。(と思っている) 

切り絵という性質上、ある程度の手間はかかっていると自画自賛しますが、より多くの情報があるかというと、葉牡丹に関しては疑問が生じます。

模様がパターン化している、線の動きが少ない。
トリエンナーレの作品にも引っかかるところがあったので、この二点をまずは改善していこうと思い、一つ目の目標を設定しました。 


絵にするとこんな感じです。(雑)

DSCF1726

右のほうが目に止まる気がします。




2、線に強弱を出して色気ましまし。

これはとてもわかりやすい問題です。
葉牡丹しかり、私の切り絵の線は基本的に強弱がありません。
そのせいで(そのおかげ?)有機物を描くにしろ無機物を描くにしろ、一定のポップさが生まれていると感じます。
それはそれで好きなのですが、私が切り絵を始めたのは蒼山日菜さんの作品を見たからなんですよね。
あとは個人的な趣味と裏テーマがあり、ある程度の色気を感じる作品を作りたいなぁと思っています。 

そのための線の強弱! そのための色気! 
線の強弱というわかりやすい設定をしましたが、それ以外にも色気ましましになる方法を模索中です。


目標はこの二つです!



紙わざに出す作品のイメージも固め中です。
今回は好き勝手イメージした空想画にしようと思っています。
こんな感じに……。


DSCF1730

雑ですね!!!



    
 
切り絵・貼り絵 ブログランキングへ

仙台市に旅行に行っていました。


目的は、第25回紙わざ大賞入賞作品展を見に行くこと!

落選

そうです、私が落ちたやつです。
東北だと仙台のみの展示だそうで、参考のために絶対行こうと思っていました。ちょうどGWですしね。



場所は泉パークタウン タピオ。ショッピングモールの中央によくある、開けたホールのところに展示されていました。

目的が目的なだけに、ショッピングモールでショッピングせずに展示だけ見る、という嫌な客になってきました。試食のパンは食べました。


やはり入賞作品はいい……んですけど、見てて悔しいわ!!

これすごいなぁ綺麗だなぁと思いながら不機嫌にしている人を見かけたら、それが私です。

あー悔しい!! 今年も頑張りますからね!!


切り絵の作品もいくつか展示されていましたので、その中から二つ紹介させていただきます。
撮影OKでした。
画像が少々斜めなのは、正面から見れない展示だったからです。スペースが限られてるのはわかるけど正面から見せて!と、ちょっと思ったりしました。 


デジカメで撮ってきた画像を元に文字に起こしているので、誤字があったらごめんなさい。


DSCF1708
 

水谷宏美さんの作品で「Fortepiano」です。Pam賞(Pamに於ける一般審査会での投票により決定)を受賞されていました。

この方の切り絵歴は5年だそうで……うん。
私の5年後進歩してるかなぁ!?とすでに不安。水谷宏美さんの方向性とは違う方に進みそう。

展示を見ていたお客様が「これが大賞でしょ!?」と言っていたのが印象に残りました。実物すごかったです。



DSCF1711

祐琴さんの作品で「花鳥風月」です。こちらもPam賞を受賞されていました。

様々な色を使用しての切り絵だったので華やかさがありました。……華やかさ、私の切り絵に足りないものの一つですね。足さなきゃ足さなきゃ。

個人的には右側のピンクと紫の部分が好きです。




他にも色々と写真に収めてきましたが、それは私の個人的参考資料になります。悔しさで燃え上がる!切り絵歴2年目に入ってますし、粘りたいところです。




残りの場所はさらっと紹介です。

宮城県立美術館で、レオナルド・ダ・ヴィンチと「アンギアーリの戦い」展を見ました。レオナルドと呼ぶか、ダ・ヴィンチと呼ぶかで微妙に迷います。


カメイ美術館に行きました。入館料300円なのが嬉しい。蝶の標本がたくさんあるので、切り絵的インスピレーションを刺激しました。


青葉画荘でヒグチユウコ×HOLBEINのコラボアイテムを購入しました。使わないものは買わない主義(金が惜しいとも言う)なので、クロッキーブックを二冊購入。


DSCF1717

DSCF1718

DSCF1719

画像貼りまくり。

 

めちゃくちゃ可愛いです。あーたまらん。ホテルで模写しまくりました。実は画集も持ってます。

ヒグチユウコ作品集
ヒグチユウコ
グラフィック社
2013-12-06




切り絵関係?芸術関係?の訪問先は以上です。

それにしても仙台市まで来ると人が多いですね。普段作業着で田舎の平野を生きている身としては、歩く女の子がみんな可愛くてどうしよう。可愛い女の子ってイラストのモデルになっていいですよね。(勝手に…)ファッションもみんなセンス良いし方向性も違っていて素敵です。


でも田舎者としては人ごみ疲れます。これは体力とは別問題な気がしますね。

せっかくのGWなのでちょっと休憩しつつも、今回の旅行で切り絵的脳みそが刺激されたので色々アイデア出ています。

トリエンナーレの切り絵は実は完成したので(旅行前にできました)、紙わざ大賞に出すものに移行します!

頑張るぞ!! 

 

   
    
 
切り絵・貼り絵 ブログランキングへ

 



このページのトップヘ