キリキリ舞い

切り絵をちまちまやっています。

2015年06月

ちょっと失敗しつつも完成です。
正面から撮影すると、自分も反射して写ってしまうので斜めです。

ひまわりと少女 完成


一応正面もどうぞ。

ひまわりと少女 正面

左のひまわりをはみ出さそうかな、と迷いに迷って失敗。微妙な感じです。

切り絵にしたら、ひまわりのあくどさが若干減った様な気がします。個人的には下絵よりも良くなった。
浴衣の柄はなんとか切れましたが、金魚が少々潰れて見えるかな? 気のせいかな? まあ良いや!

久々に女の子を描きましたが、やっぱり楽しい。唐突に女の子が描きたくなるのはなんなんでしょうね。普段は植物でも描いていれば満足するのですが。


さてさて。
また兄に「龍やって」だとか「蜘蛛切って」だとか言われましたが(なぜ虫ばかり…)次は大きいのをやりますよ。

それというのも登竜門というコンテスト公募情報サイトを覗いていた時のこと。
適当に眺めていると第25回紙わざ大賞の公募が載っていました。
切り絵ブログやら切り絵作家のサイトを覗いていると、たまに出て来る紙わざ大賞。締め切りは9月だし丁度良いかも! ということで参加してみようかと思います。

7月に下絵、8月に切る、という大雑把な計画を立てながら、とりあえずイメージを固めてました。

sukyann

これをべべべっと沢山描いてボリューム感を出していきたいです。
表が黒、裏が白の大きい紙を探したらB2だったのでB2サイズでいきます。(安直)

よーしやるぞ!頑張るぞ!


…と思っていたら、突然前歯が欠ける。
幸先悪いな!!



  
切り絵・貼り絵 ブログランキングへ

無事下絵が完成しましたー。
相も変わらずハガキサイズ。

ひまわりと少女

なんかひまわりがあくどい……!
まあそれは置いておくとして、あっさりとした女の子です。

浴衣を着せるから、薄い顔の方がかわいいかなと思ってこうなったのですが、いざ完成すると金魚とひまわりがメインみたいですね。
雲の影も考えてみたのですが変なので止めます。ほどほどに白いイメージに修正しつつ切っていきます。


DSCF1461


木曜日に下絵ができたので、切り始めてます。
浴衣の柄を切るのも大丈夫だったので、失敗しなければ一週間以内にできそうでちょっと安心。

いつも「細かくしたい」とか言っていますが、いざ切り始めとなるといつも「これ切れるのか…?」となってしまいます。チキンです。

そのほかにもやってみたいことがありまして、それはこの切り絵が完成したら挑戦してみます。
なので時間がかかるとマズイ……と思っていたからこその安心なのです。

あとは本当に、失敗さえしなければ…。



 
切り絵・貼り絵 ブログランキングへ

一週間で完成してしまった……! しかし日付ミス! 正しくは2015.06.13です。直す気ゼロ。

蜂完成


下絵には時間がかかったのですが、切るのには時間がかかりませんでした。

DSCF1441

小さいからですかね。
フレームは「らくがき 太陽と月」と同じものを使用。はがきを挟むくらいのサイズです。

さてさて反省をします。
1、もう少し細い線にしたい。
0.3のペンで下絵を描いているので、もっと細くできる筈なんです。ただ、切る時に線がぷっつんとなりそうで、ビビって太くなるのです。ビビるな自分。

2、蜂の輪郭がわかりづらい。
バックの六角形。黒くなっているところが被っていると、蜂の輪郭がわかりづらいです。白抜きするべきでした。

3、蜂の字がふにゃふにゃしている?
もともとこういう書体ですが、この絵には合わなかったかも? と、若干疑問が残る結果に…。


やはり細かくしようと思うと、下絵に悩みます。
もともとリアルな細かい絵は苦手で、ゼンタングル的なイラストは良く描くのですが、切るとなるとまた違う感じがします。  繋がっていないとね。


それと、机の前がコルクボードで助かった。

DSCF1439

これからも下絵で悩みまくりそうです。


今回蜂を切っていて、兄に「アリはしないの?」だとか「クワガタやってよ」だとか言われましたが、次回は虫ではありません。
女の子を描きたくなってきたのです! たまにものすごく女の子描きたくなります。
着物(浴衣?)の十四歳くらいの女の子!笑っていないやつ!ピンポイント!頑張ります!



最後に、言葉を出してしまったのでゼンタングルの本でも紹介。私は……持っていないけれど。……謎の罪悪感。

ゼンタングル (ブティックムックno.1119)
Suzanne McNeill
ブティック社
2013-11-28




 
切り絵・貼り絵 ブログランキングへ



不安が残るため、画像削除致しました。申し訳ありません。(2015.10.20)


思い出の月椿……。少々語らせて頂きます。

初めて蒼山日菜さんの作品を見たのはTVのバラエティ。作品が紹介されている様子を眺めていると、ふいに月椿が現れたのです。
がっつり一目惚れでした。
「これ欲しい!」となり、値段を調べて「買えねえよ!」となり(私は口が悪い)、最終的に「私も作る!」になりました。意味がわからない。

ともかく、正直言って、おそらく私は蒼山日菜さんの月椿がもの凄く好きなのです。蒼山日菜さんの作品の中で一番好きです。
枯れない蓮も好きです。欲しいです。

蒼山日菜さんの作品集はこちら。
レース切り絵
蒼山 日菜
河出書房新社
2010-02-23




そんなこんなで切り絵を初めて半年が経とうとしています。
今回の自己満足切り絵で初心に返りつつ、次回からはもう少し細かい切り絵を作っていこうと思っています。同時に、下絵の時間が長くなるでしょう。
ブログ更新の間隔が空きすぎるのは嫌なので、一週間ほど経ったらむりやり更新します。

次回は蜂をやってみたいななんて、当てにならない予告を残しつつ、今後ともよろしくお願い致します。


 
切り絵・貼り絵 ブログランキングへ

このページのトップヘ